【口コミ暴露】テックキッズスクールの評判をまとめます

プログラム学習法

人気のプログラミング教室としてテックキッズスクールを良く見るけど実際のところどうなんだろう?
高い月謝を払うのだからプログラミング教室選びで失敗したくない!

こんな疑問に答えていきます。
この記事を読むことで以下のことについて分かります。

  • テックキッズスクールはどんなプログラミング教室なのか?
  • テックキッズスクールの指導方法
  • テックキッズスクールの費用・授業料
  • テックキッズスクールの口コミと評判
  • テックキッズスクールに通わせるメリット・デメリット
スポンサーリンク

テックキッズスクールはどんなプログラミング教室なのか?

テックキッズスクールはAmebaTVなどの事業を運営している大手IT企業のサイバーエージェントが親会社のプログラミング教室です。

テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかけることのできる人材」の育成を教育方針としており、2013年の運営開始から現在までに3万人以上の小学生にプログラミングを指導している実績があります。

そのため、指導に対するノウハウは豊富にあるためトップレベルの信頼があるプログラミング教室であるといえます。

テックキッズスクールの指導方法

テックキッズスクールには大きく分けて、継続学習コースと短期体験コースの2つがあります。

継続学習コース

継続学習コースとは年間40コマの授業をするコースです。
1コマは120分間となっています。
年間が大体52週間なので1~2週間に1回のペースで授業があります。
また、ご家庭の用事などで授業に参加できない場合は振り替え可能な場合もあるそうです。

継続学習コースは2つの段階があります。

1年目のFirst Stageではスクラッチという教育学習用のプログラミング言語を用いて、プログラミングの基礎をじっくり学びます。

スクラッチとはアメリカの名門大学であるマサチューセッツ工科大学が開発した世界で最も使われている小学生向けの教育用プログラミング言語です。

ブロック状の命令を組み合わせるだけでプログラミングが組めるため、小さい子供でも直感的に楽しく学ぶことが出来ます。

2年目以降のSecond StageではSwiftかUnityを選んでプログラミングをより本格的に学んでいきます。
ちなみに全部で80コマあります。

SwiftとはiPhoneアプリを開発することができるプログラミング言語です。
Unityは3Dゲームなどを開発することに長けています。

お子様の興味に沿ってどちらかのコースを選択することが出来ます。

また、どちらのStageでも1コマの授業で1作品を完成させます。

短期体験コース

短期体験コースは2日間コースと3日間コースの2つがあります。

スクラッチを用いて、プログラミングに慣れ親しんでもらうことが目的のコースになります。

また最終日には作成した作品をプレゼンテーションするので、プログラミングだけでなく、コミュニケーション能力も養うことが出来ます。

テックキッズスクールの費用・授業料

テックキッズスクールの費用・授業料は以下の表のようになります。

受講料19000円/月(税別)
PCレンタル料4000円/月(税別)
入会金無し

他の習い事に比べてお高いことがネックですよね。

テックキッズスクールでは無料体験教室が開かれているので、まずはそちらに参加してみてお子様に合うのかをじっくり考えてみると良いと思います。

Tech Kids School【テックキッズスクール】

また、PCレンタルは個人的にはおすすめできません。

というのも年間で48000円掛かります。
仮に継続学習コースで3年間通うことになると144000円必要になります。

これだけのお金があればそれなりの性能のノートPCを買うことができます。

もし、PCを買うのであればお子様が継続コースでiPhoneアプリを作成するコースを選んでも大丈夫なようにMacを買うことをおすすめします。

MacBook Airでしたら、11万円台で新品を購入することが出来ます。

テックキッズスクールの口コミと評判

ツイッターの評判などを1部まとめてみました。

テックキッズスクールがきっかけで大きく羽ばたいたお子さんも結構いるようですね。

また、メンターによる決め細やかな指導が売りですが、メンターによっては教えすぎてしまって自由に学ぶことが出来ない場合もありそうですね。

こればっかりは担当されたメンター次第なので難しいところです。

テックキッズスクールに通わせるメリット・デメリット

テックキッズスクールに通わせるメリット

最大の魅力は同世代の子供たちと一緒に切磋琢磨して学べることだと思います。
同じ趣味の友達を持つことでより自発的にお子さんが勉強することができるのはとても良い環境だと思います。

また、メンターがしっかりサポートしてくれるので安心して任せることが出来るのも良いポイントではないでしょうか?
メンターは ITの知識が豊富な理系の大学生・大学院生たちが中心だそうです。
全員がきちんと研修を受けているため、ある程度の質は担保されていると思います。

また、完成した作品をプレゼンテーションする機会がありますので、プログラミング能力だけでなく、コミュニケーション能力やプレゼンテーション能力など今後に役立つ力が総合的に身につくのも魅力的です。

無料で入学説明会&体験教室がありますので、とりあえず気軽に参加してみるのはどうでしょうか?

Tech Kids School【テックキッズスクール】

テックキッズスクールのデメリット

やはり、受講料が他の習い事に比べて高額などがネックです。

また、地方に住んでいると教室への送り迎えが大変です。
テックキッズスクールは以下の場所に教室を持っています。

東京 渋谷校、秋葉原校 他6校
神奈川 横浜校 他3校
千葉 千葉幕張ベイタウン教室 他2校
埼玉 Tech Kids Home Teacher 埼玉西大宮教室
愛知 名古屋名駅校
大阪 大阪梅田校
香川 NESTON Kids Programming School
長崎 島原城下プログラミングスクール
沖縄 沖縄那覇校 他3校

近くにプログラミング教室が無いけど、お子さんにプログラミングを学ばせたい方には、オンラインスクールをおすすめします。

おすすめのオンライン教室はD-SCHOOLオンラインです。

なぜかといいますと、子供に人気のゲームのマインクラフトを使ってプログラミング学習が出来るコースや、スクラッチを使いながら英語とプログラミングを同時に学べるお得なコースがあります。

料金も月額3980円なので、かなりリーズナブルだと思います。
また、今は14日間無料体験ができるので、お手元にPCがあれば気軽に始めることができます。

オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

まとめ

今回はテックキッズスクールについていろいろと書きました。
簡単にまとめると、

  • 大手が運営しているので、ある程度は信頼できる
  • 基礎から始まって専門的なことが学べる+コミュニケーション能力も養える
  • 受講料が高い+通える場所が限られている

といった感じです。

近くにテックキッズスクールがあるならかなりラッキーなので、通うことはおすすめできます。
一方で近くに教室が無くても、オンラインスクールである程度のスキルは学べると思います。

Tech Kids School【テックキッズスクール】
オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン

また、以下の記事でプログラミング教室の選び方や子供でも独学でプログラミングを勉強する方法について紹介しています。
お時間があればあわせて読んでみてください。

今回は以上です。
最後まで読んでくださってありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました