文化の交流とは何なんだろうか?

LIFE

自分と文化の違う人たちと仲良くなるためには何が必要なんだろうと最近よく考えこみます。

私は現在、ITについて学ぶためにインドに留学をしています。
先日、縁あって日本で働くことを希望するインド人の大学生に日本のビジネスマナー、文化、習慣などを教える講義をさせていただきました。

その時に、その講義をやるために準備をしたときや実際に講義をして自分なりに思ったことを綴っていきます。

海外の人は日本で働くときに何に戸惑うのだろうと思い、日本での勤務経験がある女性からある話を聞きました。

彼女は宗教上の理由でお酒は飲めず、ベジタリアンでした。また、インドでは女性がお酒をたくさん飲むのはあまり快く思われないらしく、殆ど飲酒もできません。
ある日、上司から飲み会に誘われたので、彼女は飲み会に参加しました。しかし、お酒の席なので、彼女が食べられるもの殆ど無く、仕方ないのでヨーグルトとご飯だけを食べていたそうです。そして飲み会が終わった後に上司から「日本の飲み会の文化が分かっていない。」と叱責を受けたそうです。 

私はこの話を聞いてなんて理不尽なんだと心から思いました。と、同時に自分たちの習慣に従わないものに対してはたとえ外国人だろうが許容しない人が一定数いるのだということに気づかされました。

私は彼らが少しでも日本の習慣に振り回せれないよう、この講義で「日本では上司の注ぐお酒を断らないほうが良いよ。出来れば、ご飯も食べてあげてね。」と教えました。しかし、これは彼女を叱責した上司と同じことを言っていないか、これで本当に良かったのかと今でも考えます。

私には日本の企業文化を変える力はありません。ならば、せめて私自身だけでも考え方を変えなくてはと思います。

インドに来て、外国人と交流する上で、互いの文化を尊重しあうことが非常に大切なのかもと感じることが多々あります。
インドの方と話していてよく言われる言葉に「why?」があって、すること、なすことすべての行動に対してWhy?を聞いてきます。

例えば「朝ごはん何食べたの?」と聞かれ、何も食べてないよと答えます。まず、「何で朝ごはん食べないの?」と why? を投げられます。
普段から私は朝ごはんを食べないからこんなこと考えたこともなくて「朝はお腹空かなくて」と苦し紛れに答えると「何で朝にお腹空かないの?」とまた、 why? を投げられます。

話してたらこんなことばっかりで、最初は少し面倒くさいと思っていました。しかし、彼らは私を理解してくれようと聞いてくれていたのだと最近では思います。

当たり前ですが、インドと日本は違います。日本は比較的に同じような風習、習慣を持つ人が多いと思いますが、インドは様々なバックグラウンドの人がいます。宗教、言語、文化と同じ国なのにたくさんの違いがあります。その中で彼らは互いを受け入れるために積極的にコミュニケーションをとっているとのだと思います。

日本では同じようなことが当たり前に対して、インドでは違って当たり前と私は思ってます。私はどちらが生きやすいかと考えると前者ですが、どちらが楽しいかと考えると後者になります。

私は日本の違いが小さいゆえに、少しでもはみ出た時の環境に悩まされていた時期があったと思います。その結果、適当に受け入れて自分の考えを適当にはぐらかしていれば楽なんだと気づいてストレスが減りました。とても生きやすくて楽だったと思います。考えることを放棄したら生きるのは楽になるんだなーと考えたりもしました。

でも、こんなんじゃ嫌だなと思ってインドに来てみたら、めんどくさい事多いし、たくさんコミュニケーションをとらないといけないのでめっちゃ疲れます。
でも、どうやったら納得してくれるだろうと考えて、相手と話して、分かり合えた時はめっちゃ気持ちいいということを知りました。

その結果、私は違う文化を持つ人と交流する時には、「私たちの文化はなぜそのようなものなのか」を考えた上で交流したいと考えるようになりました。文化や習慣は当たり前のものだからと思考停止して押し付けるのではなく、相手にも理由が分かるように背景から話すことで互いにとって気持ちの良い関係になるのではないかと思っています。
もちろんこれだけじゃないと思っているし、もっと素晴らしい答えを持っている人もいるでしょう。私はそんな人と話せることを楽しみにして、今はこのめんどくささを楽しみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました